運用報酬及び関連用語調査

アジア太平洋

2010年に初めて行った運用報酬及び関連用語の調査以来、ANREVはアジア太平洋非上場不動産ファンドに適用されている運用報酬と関連用語の概要を提供しています。この調査の目的はファンドの料金体系の透視性と報酬レベルを向上し、ファンド運営にかかる報酬の定期レポートのフレームワークを作成することです。2012年に、アジア太平洋地域における103の非上場不動産ファンドを対象に料金体系と関連用語に関する詳細調査を行いました。調査結果は、アジア太平洋地域、欧州および米国のファンドに投資するファンドの運営報酬と比較すべく、年次比較調査にも使用されています。

主な内容

  • 年間運用報酬 – ファンドの形態、ビンテージ、ターゲット地域、ターゲットセクター及びファンドストラクチャーの契約期間中及び終了時の報酬
  • 実績報酬 - 定期的な実績報酬、契約解除手数料、その他(キャッチアップ条項の適用)
  • その他の報酬と利回りの圧縮- 初期費用、ファンドの手数料、不動産関連費用、総経費率

グローバル比較

ANREV(アジア太平洋)、INREV(欧州)、およびPREA(北米) による各地域調査に続き、報酬に対するグローバル比較は貴重な情報であると考え、各地域間の比較調査を合同で行っています。

当該調査は欧州、アジア、北米における非上場不動産商品の報酬の構造とレベルを比較分析します。

調査の目的は非上場不動産ファンドにおける報酬の構造とレベルの透明性向上です。

調査結果は非上場不動産業界が報酬の分析及び比較をする際直面する課題や制限に対する理解の向上に役立ちます。

 

ダウンロード

レポート全文とプレゼンテーションは協会メンバーのみ閲覧いただけます。

連絡先

詳細については、Amélie Delaunay (amelie.delaunay@anrev.org ) までご連絡ください。